南太平洋の自然に学んだスキンケアを紹介

私が南太平洋で学んだニキビケア

大人のためのニキビケア

南太平洋で私が学んだニキビケアは、健康的な生活を送り、カラダの中からニキビを治すという治療方法です。
大人のニキビは吹き出物とも呼ばれ、季節の差はそれほどなく、内面的なものが影響しています。
生理前や寝不足などのストレス、体調不良などです。
また、肌が乾燥して硬くなり、毛穴が詰まって炎症をおこすことも原因しています。
大人のニキビケアでは、脂っこいものは控え、便秘を防ぐ食生活を心掛けましょう。
そして、ストレス解消するものを見つけましょう。
何か没頭できる趣味を持ったりリラックスできることを見つけてみましょう。
そして、普段のクレンジングや洗顔も丁寧に行いましょう。
洗いすぎると乾燥してしまいます。
化粧水、乳液、クリームでしっかり保湿して、肌を柔らかく保ちましょう。
髪も顔にかからないように気をつけましょう。
髪の毛で肌が刺激されニキビが悪化する事もあります。

ニキビケアしてすべすべ肌に

ストレスなどで角質がはがれて肌荒れをおこし、そのはがれた角質が毛穴をふさぎ、アクネ菌が増殖し、炎症をおこしてニキビが悪化します。
アクネ菌には良い菌と悪い菌があります。
悪いアクネ菌がニキビを悪化させます。
悪いアクネ菌は、生きていても死んでいてもしぶとく炎症を起こします。
ですから、悪いアクネ菌による炎症を防ぐニキビケア商品を選びましょう。
中にはアクネ菌すべてを殺してしまうものもあります。
夏にできやすい身体のニキビの原因はマラセチアという皮膚カビです。
このマラセチアは皮脂で増えます。
ですから、夏は特に身体も清潔に保ちましょう。
顔と身体のニキビに効果のある化粧品をしてみるのも良いと思います。
角質をなめらかに整えてすべすべの肌をめざしましょう。

最新記事